名詞(ラベル)ではなく行為(アクション)でとらえると、好きなことは仕事になる。

私自身は、占いを仕事にしていますが、占いが好きでも趣味でもありません。
私が好きなことは、「知っていること(グッドニュース・知的財産)を伝えること」「人の才能をのばすこと」です。
そして、実際に私が生年月日からわかる個性の特徴と、その方自身とが一致しているので、伝える言葉に力があり、アファメーションとなり、アファメーションの仕方がわからない方にとっても、ポジティブな効力となり得るのです。
結果的に、私は占いという仕事を通じて、「知っていること(縁起や知的財産)を伝えること」「人の才能をのばすこと」という行為を達成しています。
それから、ブログやメルマガなどで情報発信することでも、その願いは実現できています。
それとは別に、やはりゴールというのはあって、目指す方向があるから、その行為は持続することができ、可能性と価値を広げていくことができます。
それは、“もうできているからいい”ではないのです。
発信するメディアもSNSにとどまらず、新聞や書籍という可能性もあったり、もっと多くの人の才能開花を支援することで、多くの価値を広げて行けるのです。

12月の講座開催

12/4(水)開催リクエストOK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です